「ほっ」と。キャンペーン
2005年 08月 31日

ブログの引越し

皆さんにゴ愛読いただいたこのブログですが、容量がいっぱいになりそうなので、

コチラに引っ越します。今後ともよろしくお願いいたします。


http://blog.goo.ne.jp/yunao0909

b0013674_10365642.jpg

[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-31 10:31 | フライフィッシング
2005年 08月 29日

世界自然遺産・知床で釣る

 先週末は知床に行ってきた。世界自然遺産に認定されたあの場所である。えっ?立ち入り禁止になってないの?心配御無用。ピンクサーモン釣りは今年もOKだ。(ルールは厳しくなるらしい)
 台風11号の襲来があるという恐れからか、現地ではつり人は少なかった。また世界遺産になったため、航空機の予約も困難で内地から来にくいらしい。特に中標津発の帰京便は厳しいとか。
 我々は台風が来てもどこか釣りが出来る場所があるだろうという気楽な気持ちで出かけたのが正解。知床半島の先端近くまで行くことが出来た。初日は風雨が強く、フライはダメだったが、昼頃から晴れて、フライラインが飛ぶほど風も弱まった。2日目は海も穏やか。朝からフライで連発、、、、。ピンクサーモンはウジャウジャいるのになかなか食ってくれない。
 過酷な自然だと言う知床。コンブ取りの漁師はたくさんいたけど、断崖絶壁の海岸線は圧巻だ。
 日本も捨てたモンじゃないと、しみじみ思う自然を満喫した。

詳細は月刊つり人11月号をどうぞ。

b0013674_7261126.jpg
フライロッドでフィッシュオン。いい景色でしょ。釣りが出来る場所は限られている。
b0013674_7263066.jpg
今回の最大は望月明さんの72cmだった。まったくアタリがない中、突然のヒットだった。
b0013674_727670.jpg
流れ込む沢はサケでひしめき合っていた。上ったヤツは捕獲禁止。クマさんなど野生動物ならOK。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-29 07:20 | 自然・環境生態
2005年 08月 26日

親子の伊豆防波堤

8月23日、24日の2日間、長男と伊豆半島へ行ってきました。南伊豆まで行き7時間半、帰り6時間。ツカレタ。防波堤からの小物狙いで釣れるものはすべてウエルカム。今年初のトレバリーも釣れて息子は幸せ。詳しくは9月25日発売のつりマガジン11月号をご覧ください。
b0013674_811770.jpg
 マルキューの配合餌とアミエビを混ぜ、コマセ作り
b0013674_813056.jpg
 息子よ!海で大志を抱け

b0013674_844298.jpg
行きの渋滞。某編集長とマスターに送る。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-26 08:02 | 親子、ファミリーフィッシング
2005年 08月 24日

OVER 45!!

8月24日。ついに45歳になってしまった。20年前のミクロネシアGT探検隊長もこんなオヤジに、、、。誕生日祝いメールくれた方々、どうもありがとう。

b0013674_23145110.jpg

[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-24 23:12 | ホームワーク/その他
2005年 08月 23日

沖縄行きてー

 8月19日(夜)フィンズ西東京グループ有志で小作の「海人」に行った。オリオンビール、シークワーサー、ソーキソバ、ゴーヤチャンプルー。 ああ沖縄に行きテー。
b0013674_11594943.jpg

b0013674_120018.jpg

b0013674_1201453.jpg

[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-23 12:00 | 親子、ファミリーフィッシング
2005年 08月 19日

あゆ

 8月18日(木)お盆休みを地元の多摩川で過ごした。アユを釣ろうと、名人平岡治房氏に相談したら、同行してくれると言う。もう一人毎日アユ釣りをしている原島氏も案内してくれることになった。
 午前9時半、奥多摩漁協にオトリを買いに行く。すると今朝はほとんど売り切れで、という返事が帰ってきた。ガーン。
 仕方なく残ったアユを6尾購入。残りモノは聞けいや、弱いやつが多いので気になった。
 10時過ぎ、川井のポイントへ降りる。仕掛けを作って開始しようとしたが、原島さんが「午後になるとアユが遡ってくるよ。」というのでゆっくり始めた。
 9mの竿を使い、0,2号のイトで、おとりアユにハナカンを掛けて、、、。なれないとすべてが難しい。 竿の操作は、引かず、緩めず、、、、。
 午前中は1尾も掛からず、午後もヤバそうだった。平岡さんが連発yしたところへ入れていただいたので何とかボウズは逃れたが、、、。東京都の川、多摩川。ここのアユは素人には手ごわい。たくさんいるんだけどねえ。
b0013674_1162740.jpg
 おとりを入れておく、オトリカン。
b0013674_1164416.jpg
平岡さんが仕掛け作りのアドバイスをしてくれた。
b0013674_1173331.jpg
ええっと、こうやってハナカンを掛けて、、、。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-19 11:08 | 自然・環境生態
2005年 08月 16日

校庭キャンプ

 先週末、12日(土)と13日(日)に羽村市立小作台小学校にて校庭キャンプが行われた。主催は羽村小作台地区委員会である。私も参与になっていて、テント張り担当で出かけた。息子二人ももちろん参加である。
 毎年そうなのだが、羽村市のスポーツセンターから借りてくるテントは、軍需品みたいな布の家型テント。グランドシートとメインテントが分かれているやつだ。ま、子ども達にしてみれば、ペグ打って適当に立てればそれでOKだったかも知れないが、ポールを挿し込んで、せえの!で立ち上がるドーム型テントが主流を絞めるこの時代に、あまりにも古すぎて立てるのが大変。「こんなに大変なら、オレはキャンプはイヤだ。」という子どもまで出る始末。で、出来上がった3張りのテントに「寝たい」というヤツがほとんどいない。みんな体育館に寝ると言う。ロールマットを敷いて寝るのだ。
b0013674_22584447.jpg
災害時の難民対策という考え方もあるのかと思った。

 「テントで寝たい。」という男子はいなくて、3年生の女子が希望してきた。私も指導したタテマエ、次男とテントに寝ることにした。
 そしてその夜、雨が降ってきた。水はけがよい校庭だが、溝を掘ってはいけないので大変。グランドシートの端がびしょびしょ。
 特に私が寝ようとしていたテントは、「暑そうだから」という理由で下を全部開けていた。 雨が止んだあとの泥拭きが大変だったことは言うまでもない。

b0013674_2302672.jpg
シュラフは一応モンベル。25年ものだが、、、。次男と一緒に過ごす。本当ならどこか山の中か海辺で「腕白でもいい。たくましく育って欲しい。」と懐かしいCMの疑似体験をしたいものだ。

 そしてさらに次男が寝ついた頃、残ったテントに4年女子が寝たいと言う。別の委員の大人の人が泥拭きをしないでそのまま底にシートを重ねたものだから。最初は乾いたように見えても、4人がごろごろするとその隙間からジワッ。
 大騒ぎするので助けてやったら、今度はそいつらが深夜までうるさくて、こっちは眠れない。「テメエラ、今度雨が降っても助けてやらないぞ。」
体育館はもっと大騒ぎ。一帯何のためのイベントか?次男をテントで寝かせてヨカッタ。
b0013674_22593039.jpg
花火やキャンプファイヤー。イベントだけは盛り上がった。周辺はさぞかしうるさかっただろう。
 
 元々はお盆にどこもいけない家庭の子ども達を集めにせめてキャンプ気分を味あわせてやろうとして始まったらしい。しかし年々増える子どもは甘えすぎる傾向にある。
 食事もほとんど母親達の有志が作ったし、後片付けも地区委員の人がやった。学校主催じゃないので先生はお手伝い程度で2名が来ただけ、、。
生徒が一生懸命やる姿はあんまり見なかったなあ。
 やっぱり「オレはテントで寝るぞ。」という子ども達で賑わうようでなければダメだよね。すくわれたのは飯ごうで炊いた飯があっという間になくなったことぐらいだ。事前にこの飯は旨いぞと情報を流したせいもあるが、、、。
 来年はモンベルあたりがちゃんとした快適なテント貸してくれないかなと思う週末だった。キャンプ嫌いの子どもが育っては困るからね。
 これじゃ別に校庭キャンプではなく、「体育館で深夜を過ごす」会にすればいい。
 大人の自己満足だけで終わってしまってはもったいない。
b0013674_2311529.jpg
朝食はホットドッグを、牛乳の紙パックに入れて火をつける。燃え尽きる頃にちょうどいい具合に焼けている。というパフォーマンスだ。
b0013674_2332557.jpg
懐かしい飯ごう炊爨。上級生で炊けなかったヤツは飯抜きってのが面白そうだ。必死でやるだろうなあ。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-16 23:04 | 親子、ファミリーフィッシング
2005年 08月 15日

元気です。

 写真は、今朝の羽村市の宮下公園脇を流れる農業用水路。ここに私達のクラブ「フィッシュ&フィンズ」で放流したニジマスやヤマメが元気に泳いでいる。すべて多摩川で釣った魚。つまり元々は放流モノ。毎年3月に釣ってきて20~30尾ほど放流するのだが残るのは10尾余。
 しかし、約3ヶ月でヒレは回復し、野生に近い様相となる。ゾウキンマスとは縁遠い、美しい姿である。
 
b0013674_10454811.jpg
コイに混じって泳いでいる。
b0013674_1046168.jpg
観光客はパンを撒く。私達はニジマス養魚用のペレットをやる。ニジマスを狙って投げると、よく食べる。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-15 10:47 | 自然・環境生態
2005年 08月 13日

オオクワガタ

 我が家で生まれ育ったオオクワガタが羽化した。オスだったのでオドロキと感動に浸っている。65mmというサイズが大きいのか、普通なのかは初めてなので分からないが、コイツの父親はそれより小さかったので、まあよしとしよう。
 この両親は両方ともバーブレスフック協会の山寺さんから、いただいたものだ。4年前幼虫を2尾いただき、成虫になってみたら両方ともメスだったので、オスをもらいうけ、昨年産卵させた。
 奥山家産オオクワガタ。はまるとどんどんやりそうなので、ここいらで止めとこう。繁殖させて商売って手もあるが、所詮素人。スイレンを使ったビオトープもあるし、、、。

b0013674_11484771.jpg
 蛹室から顔を出したばかりのオオクワガタ(♂)
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-13 11:50 | ホームワーク/その他
2005年 08月 11日

灯台元暗し

 昨夜家内と一緒に食事に行こうと企てたが、近くにいい店はないかと散策していたらこんな店があった。
b0013674_1059553.jpg

 青梅線小作駅のホームの端近くの「居酒屋海人」沖縄好きの、私にとってはたまらない。さっそく中へ、、。

でやっぱりメニューの飲み物欄の最初には、あった。オリオンビール。

b0013674_1112894.jpg
 

 メニューにもほぼ満足。一つ言わせていただければ「ぐるくんのから揚げ」が欲しいところ。
 いつもの沖縄フィッシングで、本島宜野座の「美乃里」では、釣った魚を持ちこんでマスターとお話をするので、ここのマスターもどんな人か気になって聞いてみたら、出てきたのはオーナー、平良さん。宮古島出身だそうで、地図を見せて「私の出身地はここ」と保良(ボラと読む)を示してくれた。
 非常にノリが良かったので、「写真撮らせてよ」とリクエストすると行きなり三線(沖縄の楽器)を取り出して歌いだした。

b0013674_1173153.jpg

 「いいねえこの雰囲気。」お客さんもノリノリで、沖縄気分を味わえた。
 今度は、フィッシュ&フィンズのマスターケンヤ、麻利ちゃん、井上君、平岡さんらを誘って行こう。おっと、釣りじゃないから金やんもOKか?(内輪話でスミマセン)
 ちなみにマグロは宮古の漁師から直送してもらってるそうだ。メバチが中心とか、、、、。今度は食べてみよう。
b0013674_11102089.jpg
あったぞ久米仙、ハブ酒。ソーキそばが売り切れだったのが残念だった。
[PR]

# by fumiya_o | 2005-08-11 11:08 | ソルトウオーター