奥山文弥 Fumiya's Flyfishing Diary 徒然(釣れ?ズレ?)釣り日記 

fumiyaoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 02日

謹賀新年

皆様、明けましておめでとうございます。今年も奥山文弥のページをよろしくお願いいたします。

 さてご覧のように、2005年の我が家ではまず雪かきから始まりました。積雪約15cm。元旦の夕刻まで里帰りしていたために2日の朝からは大変でした。
b0013674_2134436.jpg


 雪かきが一段落した11時。息子二人を連れて初釣りに出発です。目指すはいつもの浅川。今日は昨年12月の平山城址より上流の八王子エリアに行きました。
 適当に駐車スペースを見つけ、遊歩道を上流に歩くと本流からそれたサイドチャネル(側流)に、すぐさまコイを見つけました。しかも安全そうな場所です。
b0013674_2136427.jpg
コイがいるのがわかりますか?



 そこでパンを撒くと、これが何とやはり雪のせいで水温が下がっているのか、パクパクやりません。しかし長男勇樹がウキなしの直結仕掛けでキャストすると、なんとなんとその一投目でフィッシュオン。次男尚樹が差し出したラバーネットに収まりました。これが52cmでしたが初釣りの1ファーストキャストなんて最高です。
b0013674_213956100.jpg
 この黄色いロッドは超格安のパックロッド。しかしホログラムの飾りが入ったSiCガイド付き。



 次に私が、フライロッドでチャレンジ。最初はドライでやっていたのですが、まったく反応しないので、ウエットタイプのグローバグを転がすと、丸々太ったコイがすぐにヒット。これで初釣り釣果で一安心。
 余裕が出来たところで今度は次男尚樹の番。尚樹もやはり、直結仕掛けで、投げたらパンをよどみに置いておくようにラインを張ったままの作戦でヒット。これが60cmありました。
b0013674_21443432.jpg
せっかく買ったラバーネットですが、コイ釣りには小さいようですね。


さて自分より大きいサイズを弟に釣られた兄貴は黙っていられません。大物を探して次々にポイントを移動するも、なかなか見つかりません。また結構賢くて、ハリのついたパンを吸い込みません。
 そこで車で大移動すべく、駐車した下流へ戻ってみると、上流で撒いたパンが流れてきて、それをパクパクやっているではありませんか?
b0013674_2152362.jpg
 ネットはすべて兄弟で。理想的な姿です。(親バカ)

 すぐさまパンを流すとこれは一撃でヒット。狭い場所しかも浅瀬で掛けたため、元気に跳ね回ります。上流に上ろうとするしぐさも見せたそのコイは、何と65cmもありました。これで大満足の長男勇樹。で、私はフライで2尾目に挑みます。これがまた信じられないことに釣れるんですね。フライなら。ハリ付きパンをあれだけ見破ったコイもフローティングバグなら一撃。
 55cmぐらいのコイでしたが、急流で暴れたのでやはりよい引きを見せました。

b0013674_222922.jpg


 駄目押しには「ボクにもやらせて」とフライロッドを手にした勇樹が試してみるとすぐさまヒット。しかし暴れまわるコイの引きに翻弄され、ラインを強く握ったために「バチン」と大きな音をたてて切れました。フライにはやはりまぐれはありません。
 こうして我が家の初釣りは3人で5尾と言う釣果に恵まれました。今年もきっといいことあるはず。皆様の幸せも祈ってます。

b0013674_21551195.jpg

 濡れたズボンとシャツ、このほかに、パンツも。そうです。新年からやってくれました。
 
 浅川でコイを釣って冷たいな。滑って転んで初泳ぎ。(おくやまゆうき)
 
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-02 21:57 | 親子、ファミリーフィッシング


<< 初夢      備えあれば、、、。 >>