奥山文弥 Fumiya's Flyfishing Diary 徒然(釣れ?ズレ?)釣り日記 

fumiyaoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 17日

あのバーブレスフック普及協会がNPO法人に

 
b0013674_1211147.jpg
     ロゴのデザインは漫画家の酒川郁子さん。 

 自然や魚に優しく、人間も安全という理由でバーブレスフック(カエシのない鈎)を使用する釣り師が増えてきているが、今年1月、バーブレスフック普及協会が指令NPO第707号として、正式にNPO法人に認可された。昨年11月のヘラブナ研修会ではフィンズのメンバーもお世話になった。(過去のブログ参照)

 もともと、当協会はバーブレスフック推奨を通じて、マナーやルールの啓蒙運動や環境教育活動を行ってきたが、これで社会的に正式に認知された団体となった。これから社会貢献活動に意欲を注ぐ。
 現在のメンバーは特にキャッチ&リリースのルアー&フライシッシャーマンが多いというわけではなく、ヘラ師、渓流師、磯釣り師、船釣り師、テンカラ師など多方面にわたる。賛助会員として、船宿、管理釣り場からも支持されている。
 代表理事は平井魚葉さん(ヘラのオーソリティー)。監事には堀江渓愚さん(テンカラの巨匠)も名を連ね、有言実行の活動に期待している。私も理事として参画しているが、当協会は何が何でもバーブレスではないといけないという強制はしない。しかし、これから未来へ継承する釣り文化としては、バーブレスフックで行ったほうが良いと思われる釣種もたくさんあるとも事実。
 我がフィッシュ&フィンズも協賛団体となっていたが、登録の方式が変わる見込み。今度は恐らく賛助会員だと思う。

2月13日に行われた発足懇親会には、なんと高野博師環境副大臣も駆けつけていただいた。「バーブレスフック普及協会がブラックバス中立だと聞いて安心しました。」という言葉も含め、応援の祝辞を送ってくれた。高野副大臣の突然の来訪に会員一同、感激とオドロキを隠せなったようだった。モチロン私もです。(笑)

b0013674_18154430.jpg





 現在会員を募集中。事務局までご連絡を。

NPO法人バーブレスフック普及協会
事務局:埼玉県入間市扇町屋5-1-18 吉田方
電話042-962-3648
[PR]

by fumiya_o | 2005-02-17 12:12 | 自然・環境生態


<< ハンドルを交換してみた。      快適ワカサギつり >>