奥山文弥 Fumiya's Flyfishing Diary 徒然(釣れ?ズレ?)釣り日記 

fumiyaoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 06日

奥多摩解禁

3月6日(日)

 多摩川のヤマメ、マスが解禁した。多摩川上流域は羽村の堰から上流が奥多摩川と呼ばれ、そこは奥多摩漁協の管轄。
 堰の下から秋川の合流点までは秋川漁協の管轄だそうである。
 つまり堰の上流と下流を行ったり来たりして釣りをする場合、両方のライセンスが必要になる。
 例年だとフィンズのメンバーと一緒にトン汁会を兼ねて、息子を連れて参加するのだが、今日は所用があり、行けなかった。
 午前8時半ごろ奥多摩街道を通り、羽村の堰の下流にある羽村大橋をわたるときには、放流車が来ていた。
 密漁と、カワウの襲来を避けるため、このあたりでは当たり前になった当日放流である。
 正午12時に解禁するが、帰りは12時15分ごろそこを通ると、人がいっぱいで、バシバシ釣れていた。橋の上から川を覗くと、車の中からでもマスが泳いでいるのが見えた。解禁日と言うより、マスの放流サービス日である。
 これをよしとするか?12時解禁だから都内から電車で来る人も間に合う。ちなみにJR青梅線羽村駅からここまでは徒歩15分。日向和田から上流は徒歩10分以内でポイントに着く。
 夜明けと同時に釣りまくられ、日が昇ったら魚がいない(笑)という嘘みたいな本当の話が起こる川よりはずっとましかな?同じ放流モノを釣るならば、、、。
 明日、時間を作って、ライズする残りヤマメを狙ってみようか、、、。
[PR]

by fumiya_o | 2005-03-06 18:01 | フライフィッシング


<< やっぱり大物!?      モンベルカタログ2005 >>