奥山文弥 Fumiya's Flyfishing Diary 徒然(釣れ?ズレ?)釣り日記 

fumiyaoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 23日

激安つり具

5月22日(日)

 伊豆出張があるので、近所の量販店に行ってみた。振り出し小物竿のキャップがなくなっていたからだ。息子達がいたずらした際にどこかへいってしまったのだろう。ゴムキャップ100円。プラキャップ470円(ポリカーボネイトだった)。そして小物用渓流竿のコーナーを見た。カーボンの3,9m1700円、4、5mが1980円、、、。なんじゃこれは。思わず買ってしまいそうだった。それほど調子もよく、仕上がりもよかった。お粗末な乱造品ではないことを念押ししたい。
 我が家の息子のルアー竿は2500円で買った。これで息子達はブラックバス、ストライパー、68cmのコイまで釣っている。1280円で買ったウルトラライト竿では55cmのニジマスも。
 今でも愛用している私のルアーロッド5万円なり。この格差はブランドだけなのだろうか?しばらくメーカーの仕事をしていたので、1セット3万円から5万円掛かるのが当たり前と思っていたが、1セット3980円でスタート段階では十分か?釣れるんだから機能には問題ないということ。
 でもリールはやっぱりブランドメーカーがいいか?ロッドだって専門に何かを狙うならメーカー品がいいのか?たんなるその魚への価値観か?満足度か?Lビトンのバッグを持って、Uクロのシャツを着るご婦人。Bンツに乗って、高速代を惜しむ紳士。ナンなんだろうねえ。
 100円均一ショップが便利になっている今日だからしかたがないか?
 釣り具も安くて済むものは安いほうがよいと私は判断せざるを得ない。Pゴニアのシャツを普通に買えたあの頃が懐かしい。
 PEラインも安くなった。ナイロンラインは激安くなった。デジカメも安くなった。私のギャラも当然、、、、、、。(悲)
[PR]

by fumiya_o | 2005-05-23 08:25 | ホームワーク/その他


<< 高級魚?      砂混じりの茅ヶ崎 >>