2005年 06月 27日

猛暑の白河FSで釣り教室。

 6月25日(土)

 釣り体験ほとんどなしという男女子供10名(男性3名)に釣り教室を行った。場所は白河フォレストスプリングス。
 早朝はスタッフで釣りをしようと2時間だけやってみた。この日はフライポンドがルアーに開放する日だったので、試してみた。
 するとピョン(ルアーを投げる音)、ポチャ(着水音)、クルクル(リールを回す音)、ドン(何かに引っ掛かった感触)、ギューン(ロッドが絞めこまれる感じ)で連発。
 上手な人はほとんど入れ食いだった。そして魚を水面から出さずに上手にリリースしていた。
 私はたまには使ってみようということでマルキューのマスクロウトというスプーンを使い連発、仲間にも貸してまた連発。
 そんなこんなしているうちに、置いておいたフライロッドに新生命誕生。トンボ(ギンヤンマ?)が羽化を開始した。
b0013674_22211453.jpg

 
 で9時半からの教室は、30度を越す猛暑で、水温も猛暑。マスにはたまらない。しかし参加者の子供達(女子3名)は頑張る頑張る、、、。これには感心。キッズポンドでフライロッドまで動員させ、無事終了とあいなった。
 手伝ってくれたフィンズの平岡さんと山本さん、ありがとう。朝の入れ食いはよかったね。
b0013674_22234121.jpg

[PR]

by fumiya_o | 2005-06-27 22:24 | 親子、ファミリーフィッシング


<< 待っていたぞ。      湯川。日本のフライフィッシング... >>