奥山文弥 Fumiya's Flyfishing Diary 徒然(釣れ?ズレ?)釣り日記 

fumiyaoku.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 09日

3ヵ月後の三宅島

 7月4日から6日まで。三宅島の継続調査に行って来た。コマセによって海底がどう変わるか?まじめに調査した人がいないので、ということであのエサメーカーの最大手、マルキューが調査隊を編成したのである。私は海洋大の、という肩書きで参加している。
 今回梅雨前線の真っ只中だったが、脅威の晴れ男、「長岡寛」氏のパワーか、晴れ間を見ることも出来た。前回と同じ阿古漁港から歩いて5分の共栄荘にお世話になったが、東海汽船が着いたのは反対側のガス高濃度地区、三池港だった。
 黒潮が離れたことで水温は20度とやや低め。
 気が付いたことはたった3ヶ月で島内海中のゴミが目立つことだった。そして観光局に行って聞いてみたら、「旅客はほとんどが釣り人で、観光客は皆無。」だそうだ。
 釣りはやはり水産業か?ちょっと待って!ダイバーもいるよ、とダイビングショップベタナギの河本ディレクターも苦笑。この夏の来島者を期待したいとのこと。イルカウォッチングもあるしね。
 皆さんガスマスクをつけて行ってみてください。釣りなら面白いと思います。だって仕事が終わった後のチョイ釣りで桟橋で釣れるんだから、、、。マジな磯釣りならどうなるんだろう。詳しくは共栄荘に聞いてみてね。
 今回は、タックルが弱すぎて、ビッグフィッシュには7発もやられた!次回こそ!(もちろんチョイ釣り)

b0013674_1635144.jpg
阿古港から大野原群礁を望む
b0013674_16355494.jpg
桟橋で釣れちゃったシマアジ
b0013674_16362138.jpg
こんな感じで地味なポイントを潜ってます。
b0013674_16364914.jpg
ビッグヒット!ファイト中の長岡寛さん。
[PR]

by fumiya_o | 2005-07-09 16:40 | 自然・環境生態


<< スイレンが咲いた。      待っていたぞ。 >>