<   2004年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2004年 09月 26日

ついに実現「エコカップ」

 9月25日(土)は宮城アングラーズビレッジにて本邦初の生分解ソフトルアーオンリーというルールのバス釣り大会が行われました。
 あのマルキューが音頭をとって、東レケイテックティムコ、サワムラの各社が協賛したのです。これは素晴らしい進歩です。
 いつも生分解ルアーを買うのをためらっている参加者のために各社から2パックづつ計10パックが配られました。
 我がフィッシュ&フィンズからは平岡治房、治樹親子と海洋大の島津真理子さんが参加、入賞できるレベルではありませんでした。早掛け賞はもらっていたみたいでしたが。
 結果は参加者78名中、70名がバスをゲット、ちなみに島津さんは15尾ぐらい釣ってました。詳しくは宮城アングラーズビレッジのホームページを見てください。

b0013674_19511382.jpg

     ●検量はビニール袋に入れて。バスの扱いが悪い人もかなり見受けられたのがちょっと残念。

b0013674_19551670.jpg

                    ●アメリカナマズを釣ってオドロキの島津さん。


 私は生分解ルアーを使って釣りをすることをいいことだと思い、今までの環境に悪影響を及ぼすであろう塩ビ製のルアーは処分してしまいました。ディーゼルが悪いからガソリン車に変えると言った考えと同じです。少しでも個人でできる努力、して行きたいですね。
 ちなみに生分解ルアーは食いついてから離すのが早いと言われています。これは飲み込まれる可能性が低いことを意味します。なかなかアワセが難しいのですが、それも釣りです。技術の向上にはもってこいです。
 最後にマスターヨーダ(スタッフの1人)からお話があり「うちは池掃除をして根掛かりしたワーム類を回収できますが、一般の湖などは放置されたままです。」ということを聞いたときにハッとした方も多いことでしょう。
 生分解ルアーだけでは解決できない問題も多いのですが、前述の通り、少しでもローインパクトに行きたいものです。その地道な努力をしない人が環境を語っても、それは嘘つきになってしまうのです。
 釣りが好きです。バスが好きです。生分解ワームの将来に大いに期待するべきです。

b0013674_19525168.jpg
  




●フライロッドで竹やぶ釣りを楽しむ平岡さん、私が帰ったあとにストライパーをゲットしたらしい。ケータイでわざわざ写真を送って来ましたけど無視しました。


 
b0013674_1954313.jpg

●大会が終わった後は私もとはフライフィッシング。私も堪能しました。バスはもちろん、狙っていたストライパーも釣れて大満足。島津さんも初挑戦でゲット、平岡治樹君は今回はネット役でした。どうもありがとう。
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-26 19:54 | 教育・大学関係
2004年 09月 26日

懲りずに「ああカツオよ」

 9月23日は秋分の日。またもや長井漆山港の青木丸に行ってきました。
 我々が6時に到着したときには、他の船はすでに出港していて、一番最後の出発でした。
 今日こそバシバシに釣りまくるぜと意気込んだんものの、この日も苦戦し、ナブラが浮いたのはたった一回。それも15分ぐらいでした。
 タタキと呼ばれる1本釣りでお土産(数尾のカツオ)を確保したあとに、フライフィッシングを楽しもうと、船長のたたき竿を借りて舳へ。同行者の平岡さんは、今年卸したければまだ曲がっていないループのフライロッドを手に、散水機の中にフライを叩き込みました。
 結果、私はタタキで4尾、平岡さんはゼロ、他の連中はといえば4人中エサで、2,1,1、もう1人はルアーで3バラシで終わってしまいました。
 フライで釣りたいから長井の漁船に乗る、と言うのが私のカツオ釣りですが、数を釣りたいならコマセ船のほうがいいみたいです。この日、帰宅後に見たホームページでは各船宿でオキアミコマセのエサ釣りはかなり釣れていましたから、、、。
 一昨年まではフライでバシバシ釣れたカツオ。この秋が深まるにつれてどうなるんでしょう。何年か前よりも確実にコマセの船が増えています。以前は産隙の船だけでカツオの群を追っていましたから。相模湾のカツオはオキアミに慣らされてしまったのでしょうか?
しかし私はフライで釣りたいのです。そのためには「諦めずに通う。」これも釣りの大切な部分です。
 自分の釣りの可能性を信じなければ努力をしたって報われるはずもありません。それが私の釣道です。(あれ、どっかで聞いたせりふだな???)


b0013674_19222236.jpg

                      漁師モード突入予定のはずが、、、、。
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-26 19:24 | ソルトウオーター
2004年 09月 20日

秋のヤマメ釣り

 9月20日(月・祝)、羽村ケーブルテレビの取材でうらたんざわ渓流釣り場に行ってきました。本当は渓流に行きたかったのですが、クルーがまったく釣りに慣れていないため、一緒に川の中を遡上するのは無理であることと、時間が半日しかないと言うのでお手軽フィッシングとなったわけです。
 現地着は6時半、7時からフライのキャッチ&リリース専用区間のヤマメクラシック2で釣りを開始し、水量も平均並で、クリア。瀬をたたきながら釣り上り、ドライフライでヤマメやイワナを釣りました。ヤマメのメスはもう卵を持ているようでおなかがふっくらとしていました。イワナもみんなでかくてグッドコンディションでした。(とてで聞いたらヤマメを食っているそうです)
b0013674_21123113.jpg


ところで、うらたんへのアクセスで、道路が次々と整備されていることには驚きます。いたるところに橋がかかり、バイパスができています。すれ違いに苦労することも少なくなりました。
 釣り場自体も相変わらず素朴で、落ち着いて、静かです。石で区切ったランで数釣りするよりも、自然の中で数尾の魚たちとのコンタクトを楽しむほうが私は好きです。
 うらたんざわは、管理釣り場ですが、都市近郊のエリアとしては十分に私を満足させてくれます。

b0013674_21183880.jpg


 最近海のフライフィッシングにはまっているので、なかなか夏の山岳渓流に足が向きませんが、温泉に入って釣りをすることも考えて行きたいと思います。

b0013674_21192681.jpg

                                  ヤマメは婚姻色が出ている個体も多かった。これはオス

b0013674_212063.jpg

ウエイダーの長さは約28cm。イワナは30cmを超えるものもたくさんいる。

b0013674_21205166.jpg

                   産卵体勢に入ったニジマスたち。バビーンのスティールへッドを思い出す。
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-20 21:20 | フライフィッシング
2004年 09月 12日

ああカツオよ

 8月11日(土)メンバーが足りないと言うので、お誘いを受け、急遽青木丸に行くことになりました。台風18号襲来の前は、相模湾はカツオだらけということでしたが、どうなることやら、、、。港に着くと今回はヤローだけかと思ってましたが、海洋大の白戸さんがしっかり研究員の山崎さんを誘って来てくれました。
 まず長井船団が目指したのは館山沖、そこには江ノ島からの船も来ていました。ナブラもなく、散水しながら船を流すとさっそくやってきたのはシイラです。ペンペンは当たり前のように、そしてエサ釣りでは122cmというサイズまで掛かりました。ちなみにシイラ初挑戦の山崎さんは101cmのオスを釣りました。
 ここで午前中のほとんどを過ごしましたが、本命カツオは船中たったの3尾、そこで相模湾に戻ることになりました。
 江ノ島沖ではなぶらがあったようでしたが、我々が行ったときにはすでに遅く、また船を流しながら、、、、。
 やはり60~90cmシイラの猛襲にあい、カツオはポチポチ、、。
 2時に終了して帰ってみると、青木丸船団のなかで最も貧果の船中10尾。私は6尾釣りましたが、フライロッドで掛けていないので、やや不満。しかし今年の初ガツオでした。
 今回は「釣れなくても楽しい」とはそんなに思わず、「ま、こんなこともあるさ」ってとこですかね。山崎さんの笑顔があったからいいか?
 ちなみに青木丸のオヤジ号は館山から戻る途中、城ヶ島沖でナブラにあたり、スーパー入れ食いで、クーラーに入りきらない程釣ったそうです。下船後正夫丸の船長と話をしましたが、悔しがってました。
 これからどんどん脂が乗るあおきの、じゃなかったあきのカツオ、まだまだ行きますよ。ぜひとも熱くなるナブラにあたってみたいものです。
 
 そして渓流禁漁まであと20日、一度は行っておきたいなと思ってます。
b0013674_8174414.jpg
b0013674_8175993.jpg
 
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-12 08:22 | ソルトウオーター
2004年 09月 06日

子ども体験セミナー釣り教室

 9月4日(土)、奥多摩フィッシングセンターで羽村市教育委員会取材の釣り教室が行われました。講師は私。朝から雨、という天気予報が上手く外れ、空は曇り。何とか持ってくれました。しかし時折青空が見えるほどの天気でした。
 小学生5~6年生が対象で、過半数は女子。男の子頑張れといいたいところでしたがぐっと我慢。参考書になるかどうかわかりませんが、集英社ビジネスジャンプに連載されたネタ釣り姫の単行本を配布しました。現地ではマルキューの正岡さんと、静野さんがお手伝いに来てくれました。竿も貸してくれてありがとう。
 今回は全員にエサ釣りで楽しんでもらいました。釣った魚は自分で殺し、持って帰って食べる、その場で焼いて食べるなどして、生物を知る有意義な時間を過ごせたと私は思っています。 
 エサ釣りだと、ハリを飲み込まれた、血が出てきた、ブドウムシを気持ち悪くて触れなかった子も、釣れるとわかるや否や、ハリを刺すことに躊躇しなくなったなどなどなど興奮のひとときがありましたが、やはりつりの基本はエサ釣りだなと思いました。ルアーだと適当に引いていて勝手に掛かってくることもありますからね。
 なおルアーとフライに関してはデモンストレーションのみで終わらせました。

 詳しくはセンターのHP http://www.okutama-fc.co.jp/fish/fish.html へ。


b0013674_2225262.jpgb0013674_22252286.jpg
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-06 22:27 | 教育・大学関係
2004年 09月 05日

意外なところにイワナが

 夏休み最後の週末である8月28日(土)29日(日)に清里にある、羽村市の休暇村へ行ってきました。長男勇樹の少林寺の夏合宿付き添いです。
 当然釣具などは持っていないのですが、敷地内に流れている沢を覗くと、、、。
何とイワナがいるではありませんか。それも道路から見える小さな落ち込みに3尾も、、、。
このイワナ達、敷地内ということで恐らく守られているのでしょう。他の場所にも2~3尾づついるに違いありません。
 釣りはしなかったのですが、ホッとする1シーンでした。イワナは人から覗かれることに慣れているのか、一瞬泡の下に逃げ込みますが、すぐに戻ってきます。いいなあ、こんな沢。
 ところで、この沢にも悪があり、あるとき間違いなく洗剤が原因であろう泡が立っていました。上流の別送か、キャンプ場から流れてきたものと思います。ホッとする反面、やはり、人間の及ぼす自然への悪影響が懸念されるときでもありました。
 写真左が長男勇樹です。知ったかぶりで一生懸命仲間に解説していました。b0013674_18385427.jpg
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-05 18:37 | 教育・大学関係
2004年 09月 05日

なるか!日本記録

 8月22日に友人、佐須智明さんのボートで出撃したときのニュースです。真鶴の岩港を出港し、散々走り回ってやっと魚を見つけたのは何と大磯沖でした。ビキニギャルが多い大磯ロングビーチの沖といえばどの辺かわかってもらえると思います。
 ここでは大型のシイラがいて、同行のフィッシュ&フィンズの山本恵子さんが12ポンド(6kg)テストのラインで11kgのシイラをゲットしました。
 今JGFAのシイラ女性の部6kgクラスは10,9kgなので、それ以上大きいのを誰も申請していなければ日本記録成立になります。この模様は、つりマガジン11月号(9月25日発売)に掲載されますのでお楽しみに。
b0013674_13514428.jpg

後日、このシイラはJGFA12ポンドクラス(女性)の日本記録に認定されました。
[PR]

by fumiya_o | 2004-09-05 13:50 | ソルトウオーター