<   2005年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2005年 01月 30日

フィッシュ&フィンズ新年会

1月29日(土)

群馬県の宮城アングラーズビレッジで、わがフィッシュ&フィンズの新年会を行いました。(参加者14名)とはいえ飲み会ではなくもちろん釣りです。
 行きがけに関越で事故があり、集合の8時には半数のメンバーが遅刻。
 と言うわけで、みんな釣りがしたいので、全員が揃ったら、と、各々に釣りを開始しました。
 私はフライをしましたが、これが1投目から狂乱。テストで作ったウキ(インディケーター)を試そうとキャストしたらそれに食いついてくるのでさっそく浮きを外し、ドライで。ほとんど掛からないルアーを尻目に、反則ワザのように入れ掛かりでした。30回キャストして30尾掛かっちゃうんですよ。
 釣れるギンザケの魚体はそこそこでしたが、ニジマスはプリプリのヒレピンも多く、よい引きをしました。女性軍はスプーンで奮闘していたこともお伝えいたします。
b0013674_12185335.jpg

 10時にはメンバーが揃い、ミニトーナメントを開始、30分で何匹掛かるかを競いました。ルールはルアーは1尾1ポイント、フライは3尾で1ポイントです。前半は上池と呼ばれる一番上の池で私はスプーン(ルアー)で挑みました。
 上位は前半が3ポイントが私も含め3人。後半戦は中池でフライロッドに持ち替え、数釣り合戦です。
 1投目からバシバシ入れ掛かりでした。仲間の平岡さんも最初はフライで数釣りをしていたのですが、直後に放流があり、その魚を狙おうとルアーにチェンジ。しかし放たれたばかりのマスがバシバシヒットするであろうとの予想は大はずれ。その間私は8尾追加、、、。
 何尾かバラシてアタリが遠のくとちょっと場所を帰るとまた、、、、。
 こうして待ち時間知らずで連発し、30分で13ポイントつまり39匹をゲットしたのです。
 久しぶりの数釣り合戦、後半30分を終わったあと、ふと我に返りました。魚を釣ってすぐにリリースするのですが、魚とのふれあいではなく、数との勝負ですから、相手が生き物とか、対象魚とか言う感覚ではなく、モノになってしまいます。1日100尾目標ならばあと30分まじめに釣りを続ければ達成ですが、とてもそんな気持ちにはなれません。
 昼食はイタリアン弁当をいただきながら、昨年カナダのバビーンリバーでスティールヘッドを20尾も釣った柴田敬男さんの話を聞きながら盛り上がりました。ミニトーナメントは私が優勝で、大物賞は45cmを釣った田中康弘さんでした。反省点はやはり、釣りがせわしないこと。魚に対する思いやりがなくなってしまうことでした。競技をすると技術が向上すると言われますが、私はもういいかなって思いました。
b0013674_1271854.jpg 午後は下池でブラックバス釣りのニューテクニックを練習しました。小型スプーンを落とし込みながら、バスがパクッと銜えたのをラインの動きで察知してアワセます。地元の常連少年が連発していたのを見て面白くなってやりました。この釣り方を考えたのはスタッフのマイト・ガイ先生こと山崎さん。仕事が管釣りスタッフ、趣味が釣り、休憩時間に釣り、休日に釣りっていうまさにガイ先生のような濃ーい人です。

 これにはソルトウオーターのツワモノの我がクラブのメンバーも熱くなっていました。水温5℃でバスが釣れるなんて、ちょっと驚きの世界です。



b0013674_1274091.jpg




b0013674_128913.jpg

 途中東京海洋大の田村裕二先生が、ご子息を釣れて参加、先生はルアー初挑戦でナマズまで釣ってしまい、フィンズきってのナマズフィッシャーマン高橋敏弘さんは「俺も釣りたい。」と頑張っていましたが、、、、。

 管理釣場の楽しみ方は人それぞれです。数釣りが好きな人、テクニカルな釣りを楽しむ人、たくさん釣って業者に卸しているかのような人、大物狙いの人。いづれにせよ、大勢の釣り師が限定水域で釣りをするのですから、「お互いさま」という気持ちとの譲り合いが必要です。
 放流漁が少なくて、なかなか釣れない管理釣り場では釣果を奪いあうため、お客さん同士の場所取り、オマツリなどでギクシャクしますが、宮城AVなら魚はたくさんいるのでそれも感じません。マスターヨーダ以下、スタッフもよく教育されていて、お客さんの面倒をよく見てくれます。
 3月中旬からバス、ストライパーの季節です。トラウト営業に行ったのは今シーズンが初めてですが、なかなかの管理です。
 皆さんもぜひどうぞ。赤城下ろしが吹きすさぶこともありますので防寒対策は十分にしてください。
宮城AVの評価は私のHPのお気に入りのコーナーをご覧ください。



[PR]

by fumiya_o | 2005-01-30 11:42 | 淡水ルアー
2005年 01月 28日

環境セミナー

1月27日

 東京海洋大学で行われている環境セミナーに行ってきました。
 このセミナーは海洋大の社会連携推進共同研究センターという長い名前のセンター(略してリエゾンセンター)が主催したもので、協賛していただいた企業がどんな風に環境への取り組みをしているかという話と、大学での研究者はどんな研究をしていてそれの実用化にはどれだけ迫っているのかを講演するものです。
 セミナーは全4回行われ、今回は生分解性プラスティックに関する講演でした。私が聴講したのは、実はこの最終回だけでした。ルアーフィッシャーマンの間で俗称ワームとも言われるソフトルアーの生分解素材に興味があったからです。
 今までは塩化ビニール素材で作られ、普通に使っていましたが、これが根掛かりなどで水中に放置されることが環境によくないとの報告から、今後は生分解性ソフトルアーに置換していくべきだと考えています。釣りはなるべく環境にローインパクトでありたいというのが私のポリシーでもあります。

 セミナーは第一部が
「プラスチック廃棄物による海洋汚染の実態と、生分解性プラスチック等の 環境調和型材料の研究」 海洋大 兼広春之先生
第2部は
「ビオノーレ」の特徴と包材用途への展開」 昭和高分子株式会社 ビオノーレ部 沖野義郎さん

があり、大変興味深く聞かせていただきました。

b0013674_1165776.jpg
兼広先生の講演



 問題点はコストが掛かりすぎるとのことでしたが、最初に再生紙を使い始めたときもそんなことを言ってました。しかし今、ほとんどの企業の文具紙再生紙です。 近いうちによい方向へ進むことでしょう。
 
 なお釣具、漁具の紹介として、魚箱、糸、ルアーで、、東レのフィールドメイトというラインと、マルキューのEチューブという生分解性ソフトルアーの現物が披露されました。


b0013674_1173628.jpg
生分解性釣具に興味を持つ大学院生たち
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-28 10:57 | 教育・大学関係
2005年 01月 23日

天は我々を見放したか?

b0013674_22543994.jpg


1月22日(土)

久しぶりの釣り。大雪です。まだ長良川の解禁には早いです。実は赤城大沼でのワカサギ釣り。もちろん穴釣りです。しかし前夜からブリザート。気温はマイナス10℃。テントをも借りて、息子は最初ははしゃいでいたけれど、そのうち氷の穴に片足ズボッ。次第に言葉が少なくなり、、、、、。私も足がキンキンに冷えて、、、、。とってもいい経験なのですが、防寒対策が甘かった。息子のブーツもヤバかった。私のスパイクブーツも古かった。
 と言うわけで。またそのうち条件の良い日に来ましょうねって、甘い考えの軟弱な我が親子は、温泉に行きましたとさ。帰りは車が2台ひっくり返っていました。安全第一です。

b0013674_2301880.jpg


b0013674_22551427.jpg

[PR]

by fumiya_o | 2005-01-23 22:54 | 親子、ファミリーフィッシング
2005年 01月 21日

IGFAイヤーブック2005

1月21日
 IGFA(国際釣魚協会)から世界記録のリストが載ったイヤーブックが届きました。

b0013674_11193562.jpg


私が会長を務めるフィッシュ&フィンズもジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)を通じてIGFA加盟しています。
 IGFAは世界で唯一釣りに国際ルールを設け、釣りを公平なゲームとして楽しみましょうと提唱しています。
 「釣ってなんぼ」よりスポーツ性が高いので私は評価しています。やはりスポーツフィッシング(遊漁)といえ、ルールがないとただの漁になってしまいます。
 IGFAのホームページを見ても、全部英語ですから、読んでいるうちにイヤになってしまうのがほとんどの方でしょうから、JGFAのHPをご覧いただくことをお勧めします。こちらにはIGFAルールで釣られた公認日本記録が出ています。その数字をみてぜひとも驚いてください。
 私が大物釣りを意識する時の目標数値にしている日本記録。記録更新するためには並み以上の努力と幸運も必要です。
 ちなみに私が一昨年沖縄の宜野座沖でメバチマグロの群れに出会ったときは「運がよかった」としかいいようがありませんでした。

b0013674_11185553.jpg


IGFA、JGFAはただ記録認定をする機関ではありません。釣りがいつまでも地球上で成り立つような啓蒙運動や社会運動もしています。皆様是非、興味を持ってご参加ください。
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-21 11:21 | ホームワーク/その他
2005年 01月 17日

釣りに行きたいデス

 1月17日
 明日の海洋大の授業の原稿を作っています。昨日は知り合いのジャーナリストがうちに遊びに来て、フラフィッシング談義をしました。若かったから行けた、コスタリカのターポンなどの話に花が咲きましたが、今では我が家の水槽でパシフィックターポンを眺めるのみ。
 で、やることといったらエイベルやビリーペイトなどのバッキングラインなどを交換し、ニヤニヤするだけ。でも幸せ。
 今年こそでっかいマグロ(といっても10kgオーバーで満足ですが)をフライでフィッシュオンしたいなあ。
b0013674_2165262.jpg


b0013674_2173443.jpg

[PR]

by fumiya_o | 2005-01-17 21:05 | ホームワーク/その他
2005年 01月 15日

春まだ遠く

 1月13日と14日の2日間、初めて人間ドックに入りました。私も今年は45歳、人生の絶頂期を過ぎて下り坂に差し掛かったばかりです。余生は妻とともにマイペースでと行きたいところですが、子供も小さいのでもうちょっとだけ頑張らねばなりません。
 青梅市立の総合病院に1泊して、時間はのんびり過ぎていきました。余った時間は原稿書きに費やすことも出来ました。
 でも夕食時、院内の指定レストランのオネエチャンは怖かったなア。時間の連絡の食い違いでちょっと遅れたら「もう食べられません。」だって
 ちょっと待って、私は宿泊ドック患者(?)なのですよ。飯食うなってこと?と問い正し、交渉に入ると、
「ボイラーを切ってしまったのでもう作れません。」の一点張り。
というわけで私も必死、「その辺は何とか融通利かせて食べさせてくださいよ。」
「ダメです。融通ばかりきかせていたら、こっちも大変です。」
「だから今日だけ。ね。」
なんて攻防が続いているうちに、夕方の予約のお客さんが来ました。「ボイラー切ったって言ってたけど、あのお客さんたちの食事も作らないの?」
「、、、、。」
「要するに、私の分だけダメだってことかい?」
私もエキサイトして来ましたが、そこへシェフ登場。
「時間が掛かりますがおつくりしましょう。」
「ではお願いします。」と意見落着に思えましたが、なんとなく納得がいきません。
そのシェフと再び呼んで、「無理やり作っていただいても、美味しくなさそうだから、止めときます。」と、さっきのオネエチャンへのイヤミをたっぷり入れて話をすると、
「私が作りますから大丈夫です。ご安心ください。」とプロっぽく話してくれましたので、それを信じ、そこで食べてきました。
結構いいメニューだったので、トラブルなしだったらもっと美味しかったでしょうね。
 2日間のドックはこの攻防がなければ最高だったのですが、食事に関することはやっぱりイヤですね。
 我がHPのウエブマスターも美食家で、美味しいことしか言いませんが、たまにはいやなこともあるんではないでしょうか???

皆様も心と体の両方の健康にお気使いください。
 
b0013674_12648100.jpg
ドック室(病室?)の窓から多摩川を望む。まだ寒そう。

b0013674_1274085.jpg
夕日一緒に変な形の雲が、、、。(13日撮影)
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-15 12:42 | ホームワーク/その他
2005年 01月 15日

スポーツ健康科学

 1月11日(火)、東京海洋大学の授業で「スポーツフィッシング」について講義しました。
 この講座はいつもの自主講座の「釣りの科学」とは違い、1月の中旬に2年生を対象に2回行われます。しかし昼食後の1時からの講義なので非常に眠いです。私以上に眠いのは学生達。釣りや魚に興味のある子たちは、目を輝かせて聞いていますが、うとうとする子も含めれば3分の1ぐらいが寝てしまいます。
 。ま、ざわざわしてうるさいよりましかってところですけどね。
 内容は今回は釣りと環境。魚釣りを成り立たせるためにはどんな環境が必要か?そして、釣りは自然にどのくらいインパクトを与えるのかというアタリを講義しました。
 来週、つまり18日(火)はフライフィッシングと、ゲームフィッシングのルールについて話をします。推薦書も提示しますから、ちょっと拙著の宣伝もしてしまおうかな。

b0013674_11495430.jpg

[PR]

by fumiya_o | 2005-01-15 11:50 | 教育・大学関係
2005年 01月 10日

フライキャスティング練習でビッグファイト??

 1月9日(日)
羽村市を流れる多摩川の河川敷に設置された宮ノ下公園のグランドでフライキャスティングの練習をしました。羽村市に引越しして13年。ほぼ毎年行っています。
b0013674_14113638.jpg

 今回は一番参加していたがっていた友人が急に体調を崩し不参加になったのが残念です。
 キャスティングはやはりキャスティング練習をすることで上達すると思います。釣りをしながらでもなんとかかるのですが、例えばバビーンリバーに立ちこんでやっているとやはりスティールヘッドを釣りたくなります。
 フローティングフライでやっていて一度でもボイル(フライへのアタック)があるとそれまでキチンと出来ていたロールキャストも乱れたりします。
 まして管理釣り場などでは、遠くへ飛ばさなくても適当に釣れちゃいますから練習にはなりません。
 初心者ならば10回釣りにいくならその5回をキャスティング練習に当てると、残りの5回の釣果がぐっとよくなると私は信じてます。
 上級者は初心者を教えて復習し、初心者はそのときでないと学べないことを習得しましょう。
 フライキャスティングもアートなのですから投げる喜びを感じるのもフライのいいところです。
 久しぶりに12番ロッドを用意しましたが、ロングキャストでターポンを釣ったことも懐かしく思える今日です。そのロッドも、長男が生まれる前の古いモノですから、、、。

b0013674_14121072.jpg


 さて今回も、キャスティングのみでは疲れてしまうので、フライロッドによる凧揚げをしました。
 水平より上に向かってファイトすることはまずありません。海でカツオ釣りの際に、ミズナギドリを釣ったときぐらいでしょう。
 しかし、ハンドルが逆回転していく音を聞き、ラインを出すことに慣れるためには、結構面白い方法です。
 出来るだけお子様を連れて行くことをお勧めします。時に、スティールヘッドやシイラのダッシュのような引きが味わえます。

b0013674_14123343.jpg
風がないと走らなければなりません。よい運動です。

b0013674_1413491.jpg
 強い風だとビッグフィッシュのようです。
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-10 14:13 | フライフィッシング
2005年 01月 08日

気分も一新

 初夢でマグロを釣る夢を見ましたので、旧友と呼ぶべきビリーペイトターポン(アンチリバース)のラインを全部巻き換えることにしました。 バッキングには16年程前、まだPE(ポリエチレン)が新素材と呼ばれていた頃のダイワ棚センサー4号(確か300m)が巻いてあり、色落ちも激しいものでしたがさすがにPE、強度はほとんど落ちていませんでした。
 全部抜き取ったあと、今度はPE3号を300m、25m染めのハイドロファイン20ポンドを200m、そしてランニングラインにモノフィラの5号(約20ポンド)を50mぐらい入れます。
 そしてウエイトフォワード(WF)の12番を20mぐらいにカットして巻き込みます。
 旧友とは、シイラやカツオはもちろん、トレバリーやスティールヘッド、キングサーモンとも対戦しており、今年はいっそう頑張っていただきたく思っています。
b0013674_12351548.jpg
リールを見れば熟練のソルトウォーターフライフィッシャーマンはお気づきになるかと思いますが、本当に古いんです。
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-08 12:35 | ホームワーク/その他
2005年 01月 04日

初夢

 こんなことをしている夢をみてしまいました。ああ、今年こそ。実現されたし。

b0013674_22384377.jpg


フライロッドでマグロ。いいなあ。
[PR]

by fumiya_o | 2005-01-04 22:39 | ソルトウオーター